ホーム カテゴリーなし ブロガーは岡に泳ぐように教えました

ブロガーは岡に泳ぐように教えました

3
0

ノボシビルスク出身の有名なチームが、ソビエト岡をベースに水上車を製造することを決定しました。改造と追加設備の設置後、コンパクトマシンは最初の航海を開始しました。

彼らのアイデアを実装するために、プロジェクトの作成者は古い岡を購入し、体をリフレッシュし、略奪するにやにや笑いで装飾された追加のフロントバンパーを取り付けました。ブロガーは、エアロジープに取り付けられているような巨大なファンを確保するために、車体の後部を取り外しました。

岡がすぐに底に沈まないように、自家製の両生類の場合、ポンツーンは6本のバレルでできていて、即席のいかだに接続されており、その上に車が置かれていました。フローティングモデルを制御するために、エンジニアはステアリングホイールに接続されたステアリングラックを設置しました。テストの結果、水の移動速度は時速2〜3 kmに過ぎませんでした。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here